全~部、『ラーメン悟空』【山陰の自販機】

編集部あつきち
編集部あつきち

米子市の人気カフェの近くに、人気ラーメン店現る

こんにちは! 山陰のタウン情報誌「ラズダ」の編集部あつきちです。

先日、米子の人気カフェ『Non Cafe』近くで、ある自販機を見つけました。

遠目で見ると、「パ、パン・・・??」

色合い的にパンの自販機かな?と思って近づいてみたら、パンではなく、「ラーメン」の自販機でした!

あの、“お肉を愛するラーメン店”で有名な、米子市淀江町の『ラーメン悟空』の自販機がそこにありました。

自販機が設置されていたのは、『Non Cafe』さん隣の『ザキッチン フードアトリエ』さんの入り口前。

今日の気分はどっち?「牛骨しお」と「がらしょうゆ」揃ってます

自販機のラインナップは

  • 「がらしょうゆ+牛骨しおセット」
  • 「チャーシューメン(牛骨しお)」
  • 「チャーシューメン(がらしょうゆ)」

となっていました。そのまた下段にはCOMING SOONの文字。(別のメニューが入るのかな!? ワクワク)

『ラーメン悟空』と言えばこの間、淀江の店舗前にもラーメン自販機を設置してます。

取材の様子は→『ラーメン悟空』に自販機登場!極厚チャーシューは買うべし【山陰の自販機】

淀江のお店前と、『ザキッチン フードアトリエ』前の自販機とでは、ラインナップがちょっとずつ違うようです。

仕事帰り、「お腹減ったけど、どこのラーメン屋も開いてないな~」って時には、ぜひこちらのラーメン自販機へお立ち寄りください♪

ザキッチン フードアトリエの自販機

住 所:鳥取県米子市米原6-1-14 [MAP]

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部

編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部。鳥取県米子市、白ネギがおいしい町出身。

好きな食べ物は旬の野菜とくだもの、大豆製品。夏に見るツヤッツヤなナスと、冬のぶっくり太ったカブを見つけると、うれしくてテンションが上がります!

取材先で感動した場所は隠岐の島「摩天崖」、思い出の取材先は境港市「ポパイ」と大田市「Cafe Asbach」。
偶然が生む発見が大好物!ハプニングは好きな方です!

【あつきちの過去の記事一覧はこちら】

ラズダ公式Instagram

あつきちのInstagram