【新店】大山町に無添加・無化調ラーメンの店『らぁ麺 池島』。地元食材がふんだんに

編集部みのりん
編集部みのりん

大山町に無添加・無化調のラーメン店『らぁ麺 池島』がオープン

大山町にオープンしたラーメン店『らぁ麺 池島』。

地産地消をコンセプトに、鳥取県産の食材をふんだんに使用した、無添加・無化調のラーメンを提供します。

東京のラーメン店で修業した店主が作る、ラーメンはどんな味わいなのでしょうか。今回は注目の新店『らぁ麺 池島』のオススメの一杯などを紹介します。

『らぁ麺 池島』の場所、駐車場

『らぁ麺 池島』の住所は、鳥取県西伯郡大山町富長123。国道9号線沿いで『コメリハード&グリーン名和店』の隣。駐車場は20台完備。

営業時間は11時30分~14時30分(OS)で、当面の間は昼営業のみ。最新情報はインスタグラムをチェック。

鳥取食材を使った『らぁ麺 池島』の無添加・無化調ラーメン

無添加・無化調で食材のうま味のみで仕上げたスープ。大山産ハーブチキンと水のみで作った透明なスープに、境港産いわしの煮干しなどで取った出汁をブレンドしています。

ラーメンの味は、しょうゆ、塩、みそがラインナップ。しょうゆラーメンには、淀江町の濃口の頂山醤油と乾物を使用。

オススメは、トッピング全乗せの「特製」。豚チャーシュー2枚、鶏チャーシュー2枚、味玉半身、海苔が乗ります。

「特製醤油」(1100円)は、魚介のうま味はしっかりながら、上品な味わいのスープ。

『だいせん麺工房』で作られた中太の麺は、ずっしりとして弾力があります。低温調理した大山豚と大山産ハーブチキンのチャーシューは柔らかな食感。

塩ラーメンには、愛知県三河のしろたまり、沖縄の塩「シママース」、乾物を使用。レモン酢や黒コショウで味変して食べるのもオススメ!

みそラーメンには、長野県の糀美人、香味油にオリーブオイルを使用。奥深い味わいですよ。

どの味も素材へのこだわりが詰まっていますね。

ラーメンはほかに、つけ麺や期間限定の商品も。そのほか、ごはんやチャーシュー丼、おつまみまで。

庭園を眺められる『らぁ麺池島』の店内

清潔感があるシンプルな店内。カウンター席のみ8席完備。

大きな窓からは、店の庭が眺められるそう。日本料亭のようですね。

今日のお昼ご飯に、素材のうま味を活かした、『池島』の無添加・無化調のラーメンを味わってみてはいかがでしょうか。

スープを飲み干しても罪悪感なしですよ。

らぁ麺 池島

ラァメンイケシマ
電 話:050-8884-9898
住 所:鳥取県西伯郡大山町富長123[MAP]
営 業:11:30~14:30(OS)
休 み:火・水曜
駐 車:20台
情 報:Instagram