スタッフおすすめ記事

米子発のクラフトビール! その名も「475ビール」で今夜はカンパイ!?

おしゃれグルメカジュアル居酒屋観光お土産ご当地グルメ

にっかんくん
タウン情報Lazuda編集部 アシスタントチーム
にっかんくん

作りたての地ビールをいろいろなシーンで楽しめるビアホール

米子発の自社製クラフトビール「475ビール」。昨年誕生して以降、話題を集めている地ビールが味わえるビアホールがここ。醸造所「JAP BREWERY(ジャップブルワリー)」に併設しており、4種の地ビールが作り立ての状態で味わえます。

全国各地のクラフトビール8種も揃うほか、フードメニューでは地元食材を使った肉料理を中心に提供してくれます。オススメは「475ビール」の飲み比べセット。定番はもちろん、当日限定の味が楽しめることもあります。

店内は、96席を誇るビアホールで、カウンター、個室のほか、貸切宴会場もあり、いろいろなシーンで利用できそう。地元生まれのクラフトビールをぜひ味わってみよう。

イチオシの「飲み比べセット160ml×4種」(1542円)。
JAP BREWERYの樋本さん。

麦酒酒場475ビール

ヨナゴビール

電 話:0859-23-0475

住 所:鳥取県米子市東倉吉町142-2

営 業:17:30~23:30(OS23:00)

休 み:日曜、祝日

駐 車:なし

情 報:FB

にっかんくん

タウン情報Lazuda編集部 アシスタントチーム

にっかんくん

山陰のタウン情報誌「Lazuda」編集部に所属(?)。新しいコト、ウワサに目がないミーハー。当サイトのマスコットキャラクターも務める。

人気の記事

人気の記事