スタッフおすすめ記事

【からだハニカムコラムvol.7】南部町発!〜呼吸で腹筋の効果を上げる!呼吸+腹筋の筋トレ方法〜

快適な暮らしビューティースポーツ健康連載コラム筋トレ

スプリット前谷さん
スプリット前谷さん

呼吸で腹筋の効果をあげる!呼吸+腹筋の筋トレ方法をご紹介♩

こんにちは!理学療法士 × Body(ボディ)make(メイク)studio(スタジオ)Sprittr(スプリット)代表トレーナーの前谷涼子です。

前回、「お腹の筋トレ、最大のコツは《呼吸》」というテーマで記事を書かせてもらい呼吸を意識すると腹筋の効果が上がるので、座った時に簡単にできる<呼吸の意識の仕方>をお伝えしました。

今回は、呼吸をうまく使った筋トレをご紹介します。やり方はとっても簡単です。

腹筋に合わせて、①できる限り息を吸いながらお腹を膨らませ、②できる限り吐きながらお腹を凹ませます。

そして、③吐きながら上体を起こし、④吸いながら上体を戻します。

この時、肋骨やお腹の膨らみ〜へこみを意識しながらするとなお大きく腹筋と横隔膜を動かすことができます。

横隔膜と腹筋が大きく動くことで、体内では肺が大きく動かされ肺活量UP!

深い呼吸をすることで全身を巡る血液、酸素量も増え代謝しやすくなります。(私たちは代謝に血液中の酸素を使っています。)

1日20回、1〜3セットと回数を決めてもいいですし、テレビのCMの間にするという方法もありです! 「呼吸をうまく使った腹筋」やりやすい方法でしてみてください🌟

 

次回は「秋〜冬は痩せやすい季節!体を痩せやすくするには?」についてお話したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スプリット前谷さん

Sprittr スポーツトレーナー/理学療法士

スプリット前谷さん

鳥取県南部町にあるBody make studio Sprittr(ボディメイクスタジオ スプリット)代表。怪我や病気の予防的なからだ作りを発信・提案中。理学療法士資格を持ったフリーランストレーナー。

【HP】:https://www.sprittr.com/

twitter:https://twitter.com/sprittr7

人気の記事