スタッフおすすめ記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
編集部いしやん
編集部いしやん

地元住民とクラファンによる全国の支援で生まれ変わった『うづい通信部』

邑南町宇都井地区に、築95年の元診療所を改修した古民家カフェ『うづい通信部』がオープンしました。
「天空の駅」で知られる旧三江線の宇都井駅から徒歩3分。山と田園に囲まれ、建物の前を流れる川からは、せせらぎも聞こえてくる自然豊かな場所にあります。

■■山陰の新店情報まとめはコチラから■■

今回オープンした『うづい通信部』は実は2代目(?)

初代は、三江線の廃止が決まった5年前、三江線の廃線前に訪れる人たちが集う「カフェ&宿泊」として初代『うづい通信部』が立ち上がりました。名前に通信部がついているのは、当時立ち上げた方が元新聞記者だったから。
毎年10月に実施されている、宇都井駅をライトアップするイベント「INAKAイルミ」では、島根・広島の大学生をはじめ、多くの若者がボランティアとして宇都井地区を訪れ、地元の人との交流も創出。交流拠点としての役割も担っていました。

しかし、昨年3月に初代『うづい通信部』は一旦閉鎖に……。

クラウドファンディングで337万円を達成!

そして今回、新たに『うづい通信部』を再開させたのは、「旧服部医院を再活用する会」代表の井上さん。

井上さんは3年前、32年半勤めた広島の民間放送局を早期退職し、宇都井地区に移住。そして、95年前に町民の協力で建てられ、以後60余年に渡って住民の健康を守り続けた診療所の解体が検討されていることを知り、この場所を「誰もが集える交流カフェとして蘇らせたい」と地元の人に声をかけ、クラウドファンディングで改修費337万円を集めました。

(クラウドファンディングページはこちら

30年以上空き家だった診療所の改修には、町によるDIY講座の実習の場を兼ね、約50人が参加。
できるだけ元からあるものを活かし、診療所だった看板や薬を受け渡す受付などがそのまま残っています。
土壁の塗り直しなどは、住民のボランティアにより仕上げられました。

『うづい通信部』が提供するのは健康と癒し!

カフェは、田舎ならではの身体にやさしい飲食メニューを揃え、誰もが気軽に立ち寄って、読書など自由に時間を過ごせるスペースになっています。
食器や小物には、井上さんの実家の蔵や納屋から出てきた昔のものも利用。漆塗りの皿をコーヒーの受け皿にしたり、藍染めの布の切れ端を椅子などに使ったりと、田舎ならではのアイデアが活かされています。

訪れる人の数は1人もあれば30人など、フードロス削減のためランチは予約制。現在、井上さん一人で営業しており、冬は雪の影響を考慮して休業する予定です。

今後は、ヨガやマッサージ、和ハーブ教室、森林セラピーといった地元の自然を活かしたワークショップも予定され、元診療所だったこの地で健康と癒しを提供してくれるように!

店内はカウンターとテーブル席の20席。
営業時間は当面、カフェ11:00~16:00(土日祝のみ営業)、夜営業18:00~21:00(土曜・祝前日のみ営業)、それぞれ前日までに電話問合せがベターです。詳細はFacebookで更新されているのでそちらも参考にしてみてください。

ゆっくり流れる田舎の時間に身をゆだねて……

本棚には田舎暮らしをテーマにした本が約300冊並んでいます。また、旧三江線ゆかりの品を集めた「三江線資料室」も。

利用者からの要望もあり、当初予定していなかった宿泊のできる和室も2部屋設けられ、ゲストハウスとして県外からの訪問にも対応できます。
ゲストハウスは7月11日からスタート!随時利用可能で1泊2食(8000円)、素泊まり(4500円)。2日前までに電話での予約が必要です。

春、秋でも寒い日のある邑南町、暖房には薪ストーブも。
夏にかけ周りの田んぼの緑も濃くなり、田舎の景色が楽しめます。

また、旧三江線をトロッコで楽しむイベントも7月から宇都井駅などで再開されていますよ♪
鉄道ファンはもとより、家族連れにも人気のスポットになりそうです。
運行予定など詳しくは「NPO法人江の川鐵道」のHPを参考に!

■■山陰の新店情報まとめはコチラから■■

うづい通信部

ウヅイツウシンブ
電 話:090-7127-4334
住 所:島根県邑智郡邑南町宇都井1067-1 [MAP]
営 業:カフェ11:00~16:00(土日祝のみ)、夜営業18:00~21:00(土曜・祝前日のみ)*前日までに電話問合せ
休 み:月~金曜(祝日の場合は営業)
駐 車:あり
情 報:Facebook

【情報求ム!】山陰にオープンした新しいお店の情報を募集しています!(掲載無料です)

編集部いしやん

タウン情報Lazuda

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌「Lazuda」編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。「日刊Lazuda」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。日刊Lazudaでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

twitter:https://twitter.com/Lazuda_com

facebook:https://www.facebook.com/tj.lazuda/