500円以下で楽しめる雲南市のおすすめ日帰り温泉&秘湯3選

編集部いしやん
編集部いしやん

自然に抱かれた雲南市の隠れた名湯3選。すべてワンコイン以下で楽しめる穴場的な温泉です

気候も良くなり、本格的なおでかけシーズン到来。

アウトドアレジャーにドライブなど、いろんな楽しみ方はあるけど、山陰には名湯・秘湯が多く、温泉×ドライブ、温泉×キャンプ、みたいな計画を立てている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今日は、自然豊かな島根県雲南市の日帰り温泉施設の中でも、リーズナブルに楽しめるちょっと穴場な厳選入浴スポットを3ヶ所ご紹介。

新緑まぶしいこれからの季節、ドライブがてら立ち寄るのも良し、思い切って3件ハシゴするも良し。お出かけの参考にしてみてくださいね!

※掲載の情報は各取材時点での情報です。掲載後、変更になっている場合もありますので、HPやSNS等でご確認をお願いいたします。

雲南市三刀屋町|みとや深谷温泉 ふかたに荘

美肌効果もバツグンの秘湯でやすらぎの時間を

雲南市内から車で約12km離れた山あいに湧く、源泉掛け流しの天然温泉『みとや深谷温泉ふかたに荘』。

周囲を豊かな自然に囲まれ、たどり着いた時、ちょっとした達成感さえ感じられるまさに秘湯。「地元住民手づくりの温泉」をモットーとしている素朴な雰囲気が魅力です。

館内は全体的にレトロでアットホームな雰囲気。石造り風の風情ある浴室には、3~4人入るといっぱいになるこぢんまりとした湯船が。

混み合う時間は少ないので、基本的にはゆったり入れるそうですが、特に狙い目は午前中みたい。

こちらの温泉は100%源泉掛け流し。リウマチや冷え性などに効能があると言われていますが、実は美肌力も高いんだとか!

湯上がりには、ラウンジや約20畳の広々とした和室でゆったり休憩することも可能。また、毎週日曜には、地元産野菜や手作りこんにゃくなどの加工品が並ぶ「日曜市」も開催され、安くて新鮮な商品が並ぶと人気を集めていますよ。

温泉好きはもちろん、地域のみなさんの憩いの場としても愛される『ふかたに荘』は大人はジャスト300円で楽しめます。1度行っただけでも、なんだか常連気分になれちゃうかも?な隠れた名湯です。

【詳しくはコチラ→】まさに秘湯。水車が回るひなびた日帰り温泉『みとや深谷温泉ふかたに荘』-雲南市

『ふかたに荘』温泉データ
電話 0854-45-5454
住所 島根県雲南市三刀屋町根波別所1591-1 [MAP]
※出雲・稗原方面からは一部通行止め
営業時間 10:00~19:00(最終受付18:15)
入浴料金 大人300円、小中生150円、小学生未満無料
定休日 木曜(祝日の場合翌日)
駐車場 20台
泉質・効能 カルシウム-硫酸塩冷鉱泉/神経痛、筋肉痛、関節痛、運動麻痺、関節のこわばり、慢性消化器病、きりきず、やけど
その他 リンスインシャンプー、ボディソープ、ドライヤー、タオル(200円)
情報 HP

雲南市掛合町|波多温泉 満壽の湯

里山の景色を一望できる穴場的スポットで心身ともに癒されて

続いてご紹介するのは、“ややマイナー”な温泉スポット『波多温泉 満壽の湯』。

主要道路の国道54号から少し距離があることなどから、あまり混雑することなく、穏やかな時間を過ごせる穴場的温泉施設。入浴料も大人310円とリーズナブル!

ヤマメ釣りが楽しめることで人気の飯南町『東三瓶フラワーバレー』からは車で約10分。アクティビティで汗を流した後に立ち寄るのにもピッタリです。

泉質は「カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉」。無色透明・無臭のお湯は切り傷、やけど、動脈硬化、神経痛などに効果が期待できます。

さらに肌の汚れをしっかり取り除く効果や、保質効果も優れているため、湯上がりはサラサラ肌に!

露天風呂はありませんが、大きい窓から里山の風景を一望できます。これからの時期は、鮮やかな新緑の木々を眺めながら、さながら森林浴気分で入浴を楽しめそうですね!

湯上がりに利用できる広々とした休憩室も完備。その奥には通常ならバイキング形式で手作りおでんや総菜などが味わえる食堂もありますが、現在はコロナ禍のため休業中。

売店で手作りの「山菜おこわ」(400円)などを販売しています。

地元ならではのグルメが楽しみたい方は、近くの『うぐいす茶屋』で手打ち蕎麦や、大判焼きなどを楽しむのもオススメです。

【詳しくはコチラ→】里山ロケーションを満喫!500円以下の穴場温泉『満壽の湯』へ-雲南市

『波多温泉 満壽の湯』温泉データ
電話 0854-64-0800
住所 島根県雲南市掛合町波多1171-1[MAP]
営業時間 10:00~19:30(最終受付19:00)
入浴料金 大人310円、小中生150円、未就学児無料
【サービスデー】26日…大人200円、小中生100円
定休日 水曜(祝日の場合翌日)
駐車場 30台
泉質・効能 カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉/神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病、慢性皮膚病、疲労回復、動脈硬化症
その他 リンスインシャンプー、ボディソープ、ドライヤー、タオル(250円)、貴重品ロッカー

雲南市掛合町|まめなかセンター塩ヶ平温泉

湯の花が物語る良質な温泉でじんわり体がほどけていく快感を

最後は、『掛合まめなかセンター』という公共施設内に併設されている「塩ヶ平温泉」。

冠婚葬祭や地域の集会で使われることも多く、一見、温泉施設と分からずに通り過ぎてしまう方も多い、まさに知る人ぞ知る温泉なんです。

館内はなんだか懐かしいアットホームな雰囲気。浴室はコンパクトな湯船を配したシンプルな造りとなっています。

湯船につかって驚くのはお湯の色!源泉掛け流しの「にごり湯」は、成分が濃いのでお風呂の底が見えないほど。湯船の縁も床も湯の花でしっかりと染まり、濃度の高さを物語っていますね。

神経痛や疲労回復などのほか、保湿・保温作用にも優れているので、風呂上りは体の芯から温まり、肌のしっとり感も持続するんですよ。

また、浴槽の湯は毎日入れ替えされ、いつでも新鮮なお湯を楽しめます。もちろん加水なしの100%源泉かけ流し。少しぬるめに温められたお湯は、じんわりと体をほぐしてくれて最高~。

休憩スペースには5畳ほどの和室が一部屋。また同じフロアにはトレーニングルームもあり、こちらも210円で利用できます。

入浴料金は大人310円と充分良心的な価格。ですが、サービスデーやレディースデーも設定されていてさらにお得に入れちゃうので要チェックです。

全体的にコンパクトで最小限の設備ながら、一度入るとヤミツキになる方も多く、遠方から何度も訪れるリピーターも多いそう。ゆったりと入りたい方は、早めの時間に入浴するのがオススメです。

【詳しくはコチラ→】温泉マニアもうなる雲南市の隠れた名湯“黄金の濁り湯”塩ヶ平温泉へ

『まめなかセンター塩ヶ平温泉』温泉データ
電話 0854-62-0231
住所 島根県雲南市掛合町掛合821-1[MAP]
営業時間 15:00~20:00
入浴料金 大人310円、小中生150円、未就学児無料
【サービスデー】5日・15日…小中生100円、11日・22日…夫婦で420円、10日・20日…60歳以上210円、26日…大人210円、小中生100円
レディースデー毎週火・木曜…女性グループ(3名以上)1人210円
定休日 月曜(祝日の場合翌日)、12/31~1/3
駐車場 30台
泉質・効能 ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉/神経痛、関節痛、アトピー性皮膚炎、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど
その他 シャンプー、リンス、ボディソープ、石鹸、ドライヤー、タオル(120円)、貴重品ロッカー
※掲載の情報は各取材時点での情報です。掲載後、変更になっている場合もありますので、HPやSNS等でご確認をお願いいたします。
シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部いしやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌ラズダ編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。
「日刊webラズダ」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。
日刊webラズダでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

【いしやんの過去記事一覧はこちら】

ラズダ公式Twitter

ラズダ公式Facebook

いしやんのInstagram(フォロー歓迎!)

会社のいしやんブログ