[智頭町オープン]癒し効果抜群!原風景の中に立つ古民家カフェ『和佳』

編集部いしやん
編集部いしやん

郷土のおいしいごはんとドリンクに癒される古民家カフェ

今年5月8日に八頭郡智頭町の深緑の杉林に囲まれた「板井原集落」にオープンした古民家カフェ『和佳(のどか)』

「板井原集落」は、昭和40年代の山村風景が残り、鳥取県の伝統的建造物群保存地区にも指定されています。その景観を楽しみながら郷土食の「柿の葉寿司」(季節限定)や、智頭町産の鶏肉・豆腐・キクラゲなどを使ったこだわり料理が味わえます。
まさにここでしか味わえない郷土の味が楽しめますよ♪

店主の前橋さんは智頭町の出身で、故郷の持つ「癒し」と「懐かしさ」を感じてもらえるそんなお店を目指しながら、少しでも智頭町に訪れてもらうきっかけになればとカフェをオープンしました。

おいしいごはんやドリンクに癒される空間はもちろん、店主の楽しいおしゃべりと笑顔を求めて出かけてみませんか♪

■■山陰の新店情報まとめはコチラから■■

気になるメニューはこちら!

食事メニューは、季節に合わせた智頭産の食材を使った料理が楽しめる「日替わりセット」(900~1200円)。
毎回5~6品目で、味噌汁または粕汁、漬物、豆腐は必ず付きます。
食後のドリンクは+200円、ドリンクとデザートのセットなら+600円。板井原集落の水のおいしさもぜひ体験してみて!

こちらが季節限定の「柿の葉寿司」で日替わりセットに登場することも!
柿の葉の香りとほどよい酸味で智頭の伝統食です。酢で締められたマスと山椒の実の風味も加わり、飽きの来ない味わいですよ♪

のんびりとティータイムもオススメ!

店主こだわりのコーヒーは、鳥取市内で「有機JAS認定オーガニック」のコーヒー豆を扱う『TOTTORI COFFEE ROASTAR』で、自家焙煎した「和佳ブレンドコーヒー」(500円)。おいしい板井原集落の水でいただく、自慢の一杯です。

そのほか、紅茶やオレンジジュース、ニンジンジュースなど子ども連れでものんびりできますよ。

スイーツメニューも手作りで「日替わりデザート」(400円)があります。
バナナケーキ、チョコケーキ、わらびもちなどが日替わり登場!お得な「デザートとドリンクのセット」(700円)がオススメ。

店内には、静かに時間が過ぎていきます。囲炉裏を囲んで団らんを楽しんだり、小川を眺めるカウンター席でせせらぎに耳を傾けたり。
外の庭をぼーっと眺めているのもいいかもしれませんね♪

どこか懐かしい、自然に囲まれたいつもと違う空間でリフレッシュしちゃいましょう!

板井原集落は昔の山村集落の形をそのまま残した全国でも数少ない集落です。集落入り口には県道沿いに広い駐車場も整備されています。細い道に不慣れな方はそちらに車を止めることができます。お店まで約700mの散策を楽しむのもいいかも!

県道を進むとお店近くにも駐車場があり、川を渡って左にお店があります!手作りの看板もあるので、探して進もう!

■■山陰の新店情報まとめはコチラから■■

和佳

ノドカ
電 話:0858-75-3017
住 所:鳥取県八頭郡智頭町市瀬1947 [MAP]
営 業:10:00~19:00
休 み:火曜(祝日の場合は営業)
駐 車:あり
情 報:Instagram

【情報求ム!】山陰にオープンした新しいお店の情報を募集しています!(掲載無料です)

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部いしやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌ラズダ編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。
「日刊webラズダ」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。
日刊webラズダでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

【いしやんの過去記事一覧はこちら】

ラズダ公式Twitter

ラズダ公式Facebook

いしやんのInstagram(フォロー歓迎!)

会社のいしやんブログ

古民家カフェ・雑貨グルメカジュアルスポット・ショップ子連れ・家族旅行絶景スポット・景観スイーツ・おやつランチご当地グルメ・食材創作料理