スタッフおすすめ記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[琴浦町オープン]手ぶらキャンプもOK!大山アウトドアの新拠点『一向平キャンプ場』

新店自然カジュアルレジャーアウトドア子連れ絶景キャンペーン体験観光地元を応援!

編集部いしやん
編集部いしやん

アウトドアの聖地・大山に新たなサービスと施設が登場し話題!

鳥取県のほぼ中央に位置する大山山麓にあるキャンプ場「一向平キャンプ場」(いっこうがなる)。
再開に向けた準備が進められていましたが、ついに6月20日、大山隠岐国立公園の豊かな大自然をより快適に楽しめる、新たなサービスと新施設が加わり、リニューアルオープンしました!
アウトドアを考え始めている人は必見の魅力がてんこ盛りです。その気になる魅力をハイライトで紹介しますよ~!

■■山陰の新店情報まとめはコチラから■■

中国地方を代表する名峰「大山」登山口でキャンプ

キャンプ場の周辺には、歩いて1時間弱のところに「日本の滝百選」にも選ばれた「大山滝」があります。一向平(いっこうがなる)は大山の東側に続く古くからの登山口で、キャンプ場で登山届を出せば、入山することができます。

森林浴を楽しみながら歩ける遊歩道も整備され、途中には急斜面の階段や大吊橋など、見どころもいろいろ。
初夏は新緑が美しく、秋には森の紅葉を見ながらハイキングが楽しめますよ♪
夜は、天気さえ良ければ頭上に素晴らしい星空が広がり、日常を離れて心身ともにリフレッシュできそうです。

Wi-Fiも完備した「インフォメーションセンター」。登山届はこちらで提出できます。

新しく整備された新フィールドマップ。大型キャンピングカー専用サイトやフリーサイトが新設されたほか、地産地消の食材にこだわったカフェや注目の「フィンランドサウナ」もオープン。

詳しくは一向平キャンプ場の公式サイトまたはFacebookでチェックして!

■■東伯郡周辺のおでかけスポット記事■■
雨も晴れの日も映える琴浦のアジサイ公園巡り『琴浦海岸ふれあい広場』『逢束あじさい公園』【公園であそ部】

絶品グルメと絶景を満喫!東郷湖を一望するカフェ『Cafe ippo』でリフレッシュ!

リニューアルで「手ぶらキャンプ」が実現!

今回のリニューアルでは、日本最大級のアウトドア通販・ナチュラム社とのコラボレーションにより「手ぶらキャンプ」が実現しました。
用具を持っていなくても、テントほか最新人気のギア(用具)をキャンプ場で一式レンタルでき、使ってみて気に入ったら同じものをその場でオンライン購入が可能です。

国内キャンプ場では初の試みで、ギアの使い方がわからないときも熟練したスタッフがサポートしてくれるので安心です。

ナチュラム社とイベント「touch the outdoor」
日本最大級のアウトドア専門店、ナチュラム社のサイト掲載アイテムは20万点以上。オリジナルブランド「ハイランダー」ほか、一向平キャンプ場で取り扱うギアはすべてナチュラムのサイトで購入が可能です。ギアを触りながら選べて、その場でQRコード決済できる便利さと楽しさで人気のイベント「touch the outdoor」が、一向平キャンプ場ではいつでも体験できます。

8月末までオープニングキャンペーン開催中!
2020年8月末までに一向平キャンプ場を利用し、YouTubeやSNSで投稿するとチェックアウト時1000円のキャッシュバックがされるキャンペーンを実施中です。詳しくは公式サイトをチェックしてみて!

■■山陰の新店情報まとめはコチラから■■

一向平キャンプ場

イッコウガナルキャンプジョウ
電 話:080-5130-1632
住 所:鳥取県東伯郡琴浦町野井倉688-130 [MAP
予約電話受付:10:00~19:00
休 み:火曜
情 報:HP   Facebook

編集部いしやん

タウン情報Lazuda

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌「Lazuda」編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。「日刊Lazuda」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。日刊Lazudaでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

twitter:https://twitter.com/Lazuda_com

facebook:https://www.facebook.com/tj.lazuda/