「500円札」が使えるレガシーな自販機【山陰フォト散歩】

編集部いしやん
編集部いしやん

文化財級?レトロが過ぎる自販機みっけ

レトロが過ぎる自販機があったのは、松江市東本町の大橋北詰の『藤本米穀店』さんの前。場所はココ

見つけた自販機がコレ。

レトロ……いや、もはやレガシー!

錆びてなお、直立不動の凛とした立ち姿。侘び寂びの世界すら感じさせます(心酔中)。

お米屋さんだけあって、お米の自販機。松江市内にあるのはここだけでしょうか。

「ふっくらおいしい日本の味」のコピーの安心感たるや……。

てか、右上の「おやつ」はなんなんだろう?

お米の自販機ってだけでも珍しいんですが、何より珍しいのは、500円札が使える(使えた?)自販機なんです。

普段ならこんな珍しいもの、試したくて仕方ないんですが、私……

500円札持ってない!!(持っている人いる?)

てことで、使えるかどうかは不明。(多分、商品も金額も出ていなかったので休眠中の様子)

そうそう、大事なことだけど、商品はひとつずつ取り出してね!
普通のジュースと同じで連続買いしたら詰まるよ☆(●´ω`●)

この自販機のところだけ時間が止まった、というか過去の世界に来たような雰囲気。

プチ時間旅行が楽しめるよ!ぜひ!

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部いしやん

タウン情報Lazuda

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌「Lazuda」編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。「日刊Lazuda」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。日刊Lazudaでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

twitter:https://twitter.com/Lazuda_com

facebook:https://www.facebook.com/tj.lazuda/

お散歩・散策