出雲大社神楽殿のしめ縄を奉納!「大しめなわ創作館」で伝統のモノづくりを見学-飯南町

うんなんエリア観光情報
うんなんエリア観光情報

出雲大社の大しめ縄は飯南町で作られていた!工房見学&かわいいしめ縄アイテムも

新年を迎え、出雲市の『出雲大社』へ初詣に行ったという方も多いのではないでしょうか。

『出雲大社』の神楽殿に「日本最大級の大しめ縄」が架かっていることは有名ですが、その「大しめ縄」を島根県飯南町で制作していることはご存じでしょうか?

今回ご紹介するのはそのしめ縄づくりの中心を担う『大しめなわ創作館』。

飯南町に伝わるしめ縄づくりの伝統文化を後世に伝え、また、その技術を活かし、しめ縄の生産を行う施設として平成26年9月に開館しました。

『大しめなわ創作館』の場所

大しめなわ創作館は国道54号沿い。神社の社殿をイメージさせる大きな建物は、車で走っていても目を引きます。

松江道の吉田掛合ICから車でおよそ30分。隣には『道の駅とんばら』や、カフェ『ラムネMILK堂』などもあり、飯南町の観光と交通の拠点となっているスポットです。

【オススメ周辺スポット】[飯南町]バナナより甘い!?幻のサツマイモ・森の絹の焼き芋に大注目『ラムネMILK堂』

営業時間は10:00~17:00で、年末年始以外は営業しています。館内への入場は無料で、誰でも自由に出入りOK

建物周辺には20台程度、駐車可能な無料駐車場も完備しています。

『大しめなわ創作館』の館内の様子を詳しくチェック!

正面の扉から入ると早速資料の展示コーナーがドーン。『出雲大社』の大しめ縄ができるまでの過程や、奉納風景が写真パネルなどで詳しく解説されています。

『大しめなわ創作館』の特徴のひとつが、しめ縄をつくるだけではなく専用の稲の「田植え」から「稲刈り」までも一括で行っている点。

しめ縄に使われる稲わらは、普通の稲穂に比べ背丈が高い特別な品種。こちらの施設では1年をかけて稲わらの生産と、しめ縄づくりを同時進行で行っています。

館内では、稲わらの選定や、飾り縄づくりなどを自由に見学できます。すべての工程が昔ながらの手法で行われ、手作業で丁寧に仕上げられていきます。

タイミングが合えば、最終工程の「撚り合わせ」という迫力ある作業が間近で見られることも!

『出雲大社』の大しめ縄を奉納していることが有名ですが、つくられたしめ縄は、北は山形県、南は沖縄県と全国各地の神社へと奉納されています。

近年ではドバイやスイス、タイなど海外からも注文が!日本文化のしめ縄は世界中から注目を浴びているんですね~。

お土産やプレゼントにも!特別な稲ワラでつくる「しめ縄アイテム」

『大しめなわ創作館』のショップには伝統的なしめ縄飾りのほか、かわいいミニしめ縄(550円~)や、インテリア用のおしゃれなアイテムがずらり。

遠方の方への贈り物や、お土産としても人気なのだそう。出雲大社神楽殿のしめ縄と同じ稲わらを使い、職人さんが一つひとつ手作りするアイテムは、なんだかご利益がありそうですよね!

また、展示室内には手紙を書くための専用のスペースが用意されています。売店で販売されている専用のレターセットやハガキを使い、敷地内のポストから投函すると特別な消印で手紙が送れるんですって!

可愛いデザインの『大しめ縄ご縁ポスト』
椅子やテーブルのほか、筆記用具なども用意された「手紙」スペース。

感染症拡大の影響で中々会えないあの人に、そしていつもお世話になっている家族や友人へ。普段伝えられない気持ちを手紙に託してみるのもいいかもしれませんね!

【オススメ周辺スポット】[2021年最新]子ども連れに最適!『琴引フォレストパークスキー場』はファミリーにオススメです-飯南町

大しめなわ創作館

オオシメナワソウサクカン
電 話:0854-72-1017
住 所:島根県飯石郡飯南町花栗54-2 [MAP]
営 業:10:00~17:00
休 み:年末年始
駐 車:20台
情 報:HP

【動画でチェック】Youtubeでも「大しめなわ創作館」の内部の様子をご紹介しています

うんなんエリア観光情報Youtubeチャンネルでお届けしている「美肌県島根へ行こう!in奥出雲エリア」。飯南町の大しめなわ創作館もご紹介しています!

ぜひチェックを↓↓

サムネイル
シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
うんなんエリア観光情報

雲南広域連合

うんなんエリア観光情報

雲南市・奥出雲町・飯南町の旬な話題をみなさんにお届け。地元グルメやレジャーにとどまらず、多彩な情報を発信します!SNSも随時更新中!

【うんなんエリア観光情報の過去記事一覧はこちら】

うんなんエリア観光情報Instagram

うんなんエリア観光情報Facebook

うんなんエリア観光情報HP