【2020年6月掲載】鳥取県の新店情報まとめ!全7件プレイバック

編集部いしやん
編集部いしやん

↓先月の新店まとめ記事はコチラ↓
【2020年5月掲載】島根・鳥取の新店情報まとめ!全5件プレイバック

※掲載の情報は各取材時点での情報です。掲載後、変更になっている場合もありますので、HPやSNS等でご確認をお願いいたします。

【鳥取市】台湾水餃子

【オススメPOINT】
JR鳥取駅から徒歩3分、本場・台湾の水餃子を味わえる専門店『台湾水餃子』がオープン。
オリジナルの水餃子は、タピオカ粉(キャッサバ)を用いた生地に、鳥取県産の豚肉と地元野菜を使った自家製餡がたっぷり。アツアツ&モチモチのできたてが最高に美味。

「手包み台湾水餃子」、「麻婆水餃子」、「ニラ水餃子」、「パクチー水餃子」、「味噌ダレ水餃子」、「海老蒸し餃子」、「一口揚げ餃子」などと、とにかく水餃子の種類が多彩です。テイクアウトもできるので、お家で水餃子パーティーはいかが?

電 話:0857-50-0272
住 所:鳥取県鳥取市栄町755 Next.ビル1F [MAP
営 業:11:30~15:00(OS),18:00~23:00
休 み:無休
駐 車:なし
情 報:Instagram Facebook

【取材記事はコチラ】[鳥取市オープン]本場台湾の味!無限にいける手包み水餃子『台湾水餃子』


【鳥取市】Totto PURIN

【オススメPOINT】
鳥取砂丘前に、突如として現れたのがプリン専門店『トットプリン』。こちらは、日本で初の砂の世界をコンセプトにしたプリン専門店でその名も「砂プリン」を味わうことができます。
自家製粉末カラメルをかけて食べるのが「砂プリン」の特長で少しだけ食感がジャリっとして、まさに砂を食べているような新感覚なプリン。

そのほか、「なめらかプリン」、「塩キャラメルプリン」などすべて手作りのプリンがラインナップ。鳥取の新たな名物スイーツとして、プレゼントやギフトにも喜ばれそうです♪

電 話:080-5130-1632
住 所:鳥取県鳥取市福部町湯山2164-657 サンコスモス103 [MAP
営 業:12:00~16:00、土日祝10:00~17:00
休 み:火・水曜
情 報:HP Twitter Facebook

【取材記事はコチラ】[鳥取市オープン]日本初の“砂”がコンセプトのプリン専門店『Totto PURIN』誕生


【米子市】ハレルヤ焼菓子店

【オススメPOINT】
米子市に焼き菓子だけの小さなお店『ハレルヤ焼菓子店』が誕生。遊び心たっぷりでプレゼント選びにもピッタリのお店です。
焼き菓子は、なんだかキュンとしてしまう可愛らしい見た目のものばかり。誕生日や記念日などのちょっとしたお祝いごとはもちろん、お礼の気持ちを誰かに伝えたい時にも◎。そっと焼き菓子を添えれば、もらった人はきっと笑顔になりますよ♪

子どもが好きな動物や飛行機などいろいろな形のクッキー、パウンドケーキやチョコチップクッキーなど様々揃っています。

電 話:090-5698-4284
住 所:鳥取県米子市東福原6-2-37 [MAP
営 業:10:00~18:00
休 み:火曜、第1・3水曜
駐 車:3台
情 報:Instagram

【取材記事はコチラ】[米子市オープン]遊び心たっぷり!『ハレルヤ焼菓子店』でプレゼント選び


【米子市】おむすび三休 米子店

【オススメPOINT】
今年で10周年の『おむすび三休』がついに鳥取県に上陸。

お隣の松江市の2店舗も含めメニューをプチリニューアル。これまで「仁多米」100%で握っていましたが、プチッとした食感が楽し国産「もち麦」が加えられました。

種類豊富なメニュー写真を見ながら注文していると、ついつい買いすぎてしまうほど、どれもおいしそう。
家に持ち帰って、味噌汁と一緒にいただくもよし、いろんな種類のおむすびを買って、公園でピクニックに持ち寄っても楽しいですね!

電 話:0859-21-1539
住 所:鳥取県米子市上福原5-5-83 [MAP
営 業:11:00~20:30
休 み:年末年始
駐 車:20台(共有)

【取材記事はコチラ】[米子市オープン]買い過ぎ注意な専門店『おむすび三休 米子店』を実食レポ


【智頭町】和佳(ノドカ)

【オススメPOINT】
智頭町の深緑の杉林に囲まれた「板井原集落」にオープンした『和佳(のどか)』
は、郷土のおいしいごはんとドリンクに癒される古民家カフェ。
昭和40年代の山村風景が残り、その景観を楽しみながら郷土食の「柿の葉寿司」(季節限定)や、智頭町産の鶏肉・豆腐・キクラゲなどを使った「日替わりセット」(900~1200円)などこだわり料理が味わえます。

また、店主こだわりのコーヒーは、鳥取市内の『TOTTORI COFFEE ROASTAR』で自家焙煎し、おいしい板井原集落の水でいただく自慢の一杯。どこか懐かしい、自然に囲まれたいつもと違う空間でリフレッシュしましょう!

電 話:0858-75-3017
住 所:鳥取県八頭郡智頭町市瀬1947 [MAP]
営 業:10:00~19:00
休 み:火曜(祝日の場合は営業)
駐 車:あり
情 報:Instagram

【取材記事はコチラ】[智頭町オープン]癒し効果抜群!原風景の中に立つ古民家カフェ『和佳』


【琴浦町】一向平キャンプ場(イッコウガナル)

【オススメPOINT】
アウトドアの聖地・大山の『一向平キャンプ場(いっこうがなる)』に、新たなサービスと施設が登場し話題。
6月に新たなサービスと新施設が加わりリニューアル。なんと「手ぶらキャンプ」も楽しめ、大型キャンピングカー専用サイトやフリーサイトが新設。さらに、地産地消の食材にこだわったカフェ、「フィンランドサウナ」もオープンしました。

キャンプ場の周辺には、「日本の滝百選」にも選ばれた「大山滝」や森林浴を楽しみながら歩ける遊歩道や大吊橋など、見どころもいろいろ。
夜は天気さえ良ければ頭上に素晴らしい星空が広がり、日常を離れて心身ともにリフレッシュできますよ。

電 話:080-5130-1632
住 所:鳥取県東伯郡琴浦町野井倉688-130 [MAP
予約電話受付:10:00~19:00
休 み:火曜
情 報:HP Facebook

【取材記事はコチラ】[琴浦町オープン]手ぶらキャンプもOK!大山アウトドアの新拠点『一向平キャンプ場』


【大山町】おむすび屋ひとむすび

【オススメPOINT】
青年が夢を実現させるため、日本各地を巡ってついに誕生したお店が『おむすび屋ひとむすび』

大学在学中「自分の作ったおむすびで人を笑顔にしたい」と新たな夢を頂き、昨年mクラウドファンディングで開業資金を募集。ついに今年3月「おむすび屋」の夢が叶いました。

鳥取県産や大山町の食材を使った10種類がラインナップし、どれも愛情たっぷりで真心のこもったおむすび。オススメは惣菜付きの「おむすび王道ランチ」(850円)。庭を眺めながら縁側でゆったりランチタイムが過ごせます。テイクアウトにも対応してくれますよ。

電 話:080-9290-0092
住 所:鳥取県西伯郡大山町下市82-8 [MAP]
営 業:11:00~17:00
休 み:木~日曜、祝日
駐 車:1台
情 報:Facebook Instagram

【取材記事はコチラ】[大山町オープン]青年が夢を実現!日本各地を巡ってついに誕生『おむすび屋ひとむすび』


シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部いしやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌ラズダ編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。
「日刊webラズダ」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。
日刊webラズダでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

【いしやんの過去記事一覧はこちら】

ラズダ公式Twitter

ラズダ公式Facebook

いしやんのInstagram(フォロー歓迎!)

会社のいしやんブログ