特集

このエントリーをはてなブックマークに追加

[島根・鳥取]編集部オススメ!“手ぶら”でOKのキャンプ場※随時更新

島根・鳥取の手ぶらキャンプをまとめて紹介します!

これまで取材・掲載した、島根県・鳥取県の「手ぶらでキャンプ」が楽しめるスポットをまとめて紹介します!
新しくオープンしたグランピング施設はもちろん、新たに手ぶらでも楽しめるサービスを始めたキャンプ場なども掲載されています。キャンプ場選びの参考にぜひ。

手ぶらキャンプが可能な記事がアップされ次第、順次、こちらにも掲載していきますが、最新のレジャー記事は下記からチェックを。

■■島根・鳥取の最新お出かけスポット記事はコチラ■■

★各取材記事の情報は、取材当時のものです。記事公開後、営業時間・料金等、変更になっている場合がありますので、お出かけ前にご確認をお願いします。

島根で手ぶらキャンプ!

EGキャンプ場

【オススメPOINT】
島根県掛合町に2019年9月オープンした、屋内型キャンプ場『EG(イージー)キャンプ場』
「安心安全で気軽にキャンプ体験」をコンセプトに、テントをはじめ、イスやテーブルなどアウトドアの必需品もセットになって手ぶらで楽しめます。

さらに、屋内型キャンプ場なので、雨風の心配不要なのはもちろんのこと、苦手な人も多い“虫”も最小限に。
焚き火にバーベキューと、アウトドアの醍醐味ともいうべきキャンプイベントも実現可能です。
目の前は川と山、夜は満天の星空が広がり、周辺では魚釣り、トレッキングといったアクティビティも楽しめますよ♪

住 所:島根県雲南市掛合町掛合2392-1-4 [MAP]
キャンプの利用期間:通年
駐 車:あり
情 報:HP Instagram

【取材記事はコチラ】NEW屋内グランピング施設『EGキャンプ場』に編集部が泊まってみたら分かったコト【編集部は知りたがり】


奥出雲ワイルドグランピング

【オススメPOINT】
島根県奥出雲町に2019年オープンした『奥出雲ワイルドグランピング』
オシャレな内装と、天候に左右されず、手ぶらでアウトドア気分を味わうことのできる奥出雲町の新たな人気スポットのひとつとなっています。

宿泊は1日1組に限って予約を受け付け、完全なプライベート空間の中、手軽に贅沢なグランピング体験が楽しめます。
食事はお肉や地元野菜、仁多米のおにぎりがセットになったバーベキューセット。焚火体験を申し込めば、満点の星空のもとゆらめく炎で癒される、なんて非日常な時間も過ごせちゃいます♪

住 所:島根県仁多郡奥出雲町下横田1652-1 [MAP]
キャンプの利用期間:通年
駐 車:40台
情 報:HP Instagram Facebook

【取材記事はコチラ】[島根で手ぶらキャンプ]オシャレさ抜群の全天候OKアウトドア『奥出雲ワイルドグランピング』


温泉リゾート 風の国 グランピングサイト

【オススメPOINT】
広大な敷地に豊かな自然が広がる江津市桜江町の温泉リゾート『風の国』
昨年秋のリニューアルに伴い、“宙に浮く球体型テント”で秘密基地にいるような体験ができる、グランピングサイトがオープンしました!

空中に浮かぶ球体型のテント3基と、ドーム型のテント2基を常設し、テントの中から森の景色を眺めたり、夜には星空を眺めながら眠りについたりと“森に泊まる” 非日常体験が満喫できます。
夕食は“石見・江津の美味”が詰まったBBQディナー。お風呂も「美肌の湯」で評判の「風の国」本館地下の温泉が利用できるなど、手ぶらでおもいっきりグランピングが楽しめちゃいます♪

住 所:島根県江津市桜江町長谷2696 [MAP]
キャンプの利用期間:通年
駐 車:250台
情 報:HP Instagram

【取材記事はコチラ】[島根で手ぶらキャンプ]森に浮かぶ球体ドームに泊まる!『風の国』で非日常体験を


松江市宍道ふるさと森林公園

【オススメPOINT】
島根県の松江市・出雲市それぞれのの中心地からほぼ同じ距離にある『松江市宍道ふるさと森林公園』
斐川平野と宍道湖を見下ろせる標高120mの高台に位置し、芝生広場やキッズ遊具の充実した「ちびっこ広場」やテニスコート、オートキャンプ、ログハウス等があり、年間を通して人気のスポット。

こちらに、手ぶらでもキャンプが楽しめるグランピング風『プレミアムテントサイト』が誕生。
広々とした空間の常設テントとバーベキュー道具が用意され、目隠し用の柵で仕切られているので、人目を気にせず寛げます。
バーベキューのみのデイキャンプ利用も可能です。

高台にあるので夜は真っ暗! 午後10時以降は静か~に夜空を眺めながら“星空”に癒される時間「サイレントタイム」を満喫してみて♪

住 所:島根県松江市宍道町佐々布3353-2 [MAP]
キャンプの利用期間:年中無休*2020年は9月30日まで
駐 車:100台
情 報:HP Twitter

【取材記事はコチラ】[島根で手ぶらキャンプ]初心者も大満足『松江市宍道ふるさと森林公園』で気軽にアウトドア


鳥取で手ぶらキャンプ!

トマシバ

【オススメPOINT】
名峰・大山と日本海の真ん中あたり、標高300mの位置に広がるグリーンの芝畑。ここではなんと、1日1組限定のグランピングを楽しむことができます。その名も【泊まれる芝畑】で『トマシバ』

2ヘクタールにも及ぶ一面の芝畑からは、日本海と大山北壁の絶景はもちろん、夕方には島根半島にゆっくり沈むオレンジ色の夕日、夜には空一面に広がる星空の“天然プラネタリウム”を間近で体感することができます。
キャンプに必要なアメニティも充実。必要に応じて「バーベキューセット」など予約でき、芝生の上で上映会のできる「野外映画機材レンタルセット」などここだけの楽しみ方もいっぱい。グループでの利用にも最適ですよ♪

住 所:鳥取県西伯郡大山町加茂2037 [MAP]
キャンプの利用期間:2020年4月1日(水)~2020年11月15日(日)
駐 車:あり(制限なし)
情 報:HP Instagram

【取材記事はコチラ】[鳥取で手ぶらキャンプ]1日1組限定のグランピング『トマシバ』で大山の暮らしにハマる!


鳥取市安蔵森林公園

【オススメPOINT】
JR鳥取駅から車で約35分、市民はもちろん県外の人も多く訪れる『鳥取市安蔵森林公園』
遊具を備えたキッズ広場や森林のトレッキングルートが隣接するほか、テニスや冬はスキーも楽しめる自然いっぱいの公園です。

樹木で囲まれプライベート感も満載のオートキャンプ場には、レンガのかまどをはじめ、テーブルや長椅子、AC電源、流し台が常設され、2組のテント、タープが設営できる広々スペース。車1台の乗り入れも可能で、車から降りたらすぐにキャンプが楽しめちゃいます♪
テントの設営や食事の手配など、予約時に相談できるのでキャンプ初心者でも気軽に利用できます。また、園内にある『AZO森のレストラン』のジンギスカンもオススメですよ♪

住 所:鳥取県鳥取市河内1462-36  [MAP]
キャンプの利用期間:4月上旬~11月下旬まで
駐 車:15台
情 報:HP Facebook Instagram

【取材記事はコチラ】[鳥取で手ぶらキャンプ]テニス&スキーも!『安蔵森林公園』で王道キャンプを満喫


休暇村 奥大山

【オススメPOINT】
大山隠岐国立公園内、大山の南壁にある総合リゾート地『休暇村 奥大山』
キャンプ場は鏡ヶ成フィールド内にあり、電源付きのオートACサイト、車で乗り付けできるオートサイト、自由にテント設営ができるフリーサイトの3タイプ。

アウトドアビギナーならテント設営済みで、食材もセットになった手ぶらキャンププランがオススメ!。
キャンプ利用者は施設内の天然水浴場が利用できるのもポイント♪夏の避暑にピッタリの環境でネイチャー度満点のアウトドア体験をしよう!

住 所:鳥取県日野郡江府町御机鏡ヶ成709-1 [MAP]
キャンプの利用期間:5月上旬~10月中旬
駐 車:200台
情 報:HP Facebook

【取材記事はコチラ】手ぶらで“ゆるキャンプ”ならやっぱり大山『休暇村 奥大山』!


一向平キャンプ場(いっこうがなる)

【オススメPOINT】
新たなサービスと新施設が加わり、2020年6月にリニューアルオープンした『一向平キャンプ場』
名峰「大山」登山口にあるキャンプ場で、周辺には「日本の滝百選」にも選ばれた「大山滝」や森林浴が楽しめる遊歩道も整備され、大吊橋など見どころもいろいろ。

大型キャンピングカー専用サイトやフリーサイトが新設されたほか、地産地消の食材にこだわったカフェも登場。
用具を持っていなくても、テントほか最新人気のギア(用具)をキャンプ場で一式レンタルでき、使ってみて気に入ったら同じものをその場でオンライン購入もできちゃいます。
使い方がわからないときも熟練したスタッフがサポートしてくれるので、これからキャンプを始める方にはオススメですよ♪

住 所:鳥取県東伯郡琴浦町野井倉688-130 [MAP]
情 報:HP Facebook

【取材記事はコチラ】[琴浦町オープン]手ぶらキャンプもOK!大山アウトドアの新拠点『一向平キャンプ場』